特別編!DJあおい×エニピル女子の赤裸々♡座談会

今回は特別編!
普段、エニピルで働く女性社員2名とDJあおいの3人で座談会を開催しました!
その様子をお届けします♡

 
 

 

 

 
 
岡田『エニピル×DJあおい』の連載が始まって半年経ちましたね!今何か感じていることはありますか?』
 
DJあおい(以下あおい)『そもそもオンライン診療を知らなかったので、すごく便利ですよね。
ピルについては最初、“避妊・緊急避妊”の印象しかなくて、ニキビ予防等は知らなかったです。』
 
 
岡田『私もあおいさんと一緒で、エニピルで働くまでは“ピル=避妊薬”のイメージが強かったです。しかも、ピルって世の中の印象が良くないので、周りの目を気にしてしまって…生理痛辛いのに飲み始めることができなかったですもん。』
 
 
あおい『あと海外との比較が衝撃的でした。日本女性の約8割が生理で悩んでいるのに、服用率が3%にも及んでいないなんて。。。』
 
岡田『本当ですよね。ピルに関わらず、日本は性に対しての意識が海外と比較すると遅れていますよね。。。』
 
 
————–
 
あおい『関係ないけど、3人ともメガネだね(笑)』
 
岡田杉本『(笑)』
 
————–
 
 
岡田『そういえば、ピルや生理の知識が広まっていない話で言うと、こないだ友達からこんな話聞きました!』
 
 
あおい杉本『???』
 
 
 
岡田『彼氏からプレゼントで白いワンピースを貰ったそうなんです。せっかくだから次のデートで着よう!と思ったら、急に生理が来てしまたみたいで。
 
そしたら彼氏がタンポンつければいいじゃん!って言ったらしいんですよね(笑)いや、生理なめてんのか!って(笑)』

 
 
あおい杉本『(笑)(笑)(笑)』
 
 
あおい『しょーがないですよ。多くの男性の知識はほとんど友達・漫画・AVからきているから、そりゃわからないですよね。あと、女性の生態に興味が無いと思います(笑)』
 
杉本『女性には興味があるのに、生態には興味ないんですか?』
 
あおい『機嫌悪かったりしたらめんどくさいんですよ、あとは触れずらいもあるとは思いますけどね。』
 
杉本『機嫌悪い状態でいられても、めんどくさいのは確かですよね。。。』
 
 
岡田『確かに。。。』
 
 
杉本『ピルを服用していない男性が、自分事として考えることは難しいですよね。例えば、パートナーとのセックスで妊娠したくないからピルを飲んでるのに、ピルの服用に関して無頓着だったり。』
 
あおい『緊急避妊薬(アフターピル)はすごい気にするのにね。自分事にして。』
 
岡田『確かに!“妊娠したかも”で、初めて自分事になる気がします。いや、遅っ!って感じだし、最初からコンドームつけろよ!って感じです。』
 
杉本『コンドーム付けたくないなら、低用量ピル勧めて欲しいですよね。どうしてアフターピルの知識だけ先行しているんだろう?』
 
 
あおい『友達が言ってたんですけど、0.01mmの壁があるらしいですよ(笑)』
 
 
岡田『それならなおさら低用量ピルについても自分事にして考えて?って思っちゃいます。』
 
 
あおい『やっぱり避妊っていう観点だと、コンドームが主流ですよね。ピルは女性主体の避妊法だけれど、コンドームは男性主体ですよね。男性は主導権を握りたい人が多いから。主導権争いじゃないですかね。』
 
 
岡田杉本『主導権争い(笑)なるほど(笑)』
 
 
あおい『でもピル飲んでいてもコンドームはつけないとですよね?』
 
岡田『はい、コンドームを付けることで性感染症の予防になります。なので一番は低用量ピルの服用+コンドームの使用が理想ですね。』
 
杉本『パートナーの方と二人で性病検査をした上で、セックスを出来たら素敵だなとも思います。』
 
岡田『ドラマでそういうシーン見た!カップルで性病検査受けに行くの!“17.3”っていうドラマ!おすすめです!』
 
杉本『それ私も見ました!いいですよね、すごい勉強になる。』
 
 
岡田『高校生の性教育をテーマにしたドラマで、タイトルの“17.3”は、性行為の初体験年齢の世界平均みたいですよ。是非あおいさんにも見てほしいです!』
 
 
あおい『17.3!?今ってそんなに早いんだね。。。!驚き。』
 
 
岡田『そうなんです!だからこそ、性について話すこと、知ることって大切だと思うんですよね。』

 
杉本『あおいさんは、娘さんと性の話はするんですか?ピルのはなしとか。』
 
あおい『うーん、「生理でおなか痛いから早く寝る~」程度の話だけですよ。ピルは自分からは勧めないけれど、友達が飲んでるっていう話を聞いたことがあります。』
 
杉本『いいですね!私は親の前で“生理”というワードすら話せなかったので。。。羨ましいなと思います!』
 
岡田『私も親と性の話は少し気まずいです。実際、エニピルで働いていることも最初濁して伝えていました。親世代ってピルに対しての偏見わりとあるので。。。』
 
 
あおい『岡田さんの親世代が一番偏見持ってますよね。まともな教育を受けていないんだと思います。性教育は形だけのポーズ的な。教育委員会から言われたからやってますよ~みたいな。海外はどうなんですかね??』
 
 
杉本“セックスをしないように性教育をしない”という考えの日本に比べて、性教育が進んでいる海外は、“将来のセックスに備えて早めに、避妊に失敗しない予防策”を教育しているんですよね。』
 
 
あおい『海外だと親が子供の前でイチャイチャするよね。』
 
 
岡田『確かに。性に対してオープンですよね。恥じらいがないというか。日本人の恥じらいの精神はいい面もありますが、“性”という点については遅れていると思います。』
 
 
あおい『国が変わっていくしかないですね、もうそれは!』
 
 
岡田『ですね(笑)とはいえ、そんな今すぐに変わることってないと思うので、まずは身近な人の理解から広めたいですね。パートナーとか親とか!』
 
あおい『生理を経験できない人は、自分事にするのは難しいですよ。』
 
杉本『お互い“わかってほしい”と期待するのは良い結果が出ないですよね。。。』
 
 
岡田『2人ごとになって話し合うことができるのが理想ですね。。。でも話し合い苦手な男性多い気がします(笑)』
 
杉本『めっちゃわかります!!(笑)』
 
 
あおい『男の世界に閉じこもっているみたいなね(笑)』
 
 
岡田杉本『(笑)』
 
 
————–
 
岡田『男性に低用量ピルの理解を深めてもらうには、どうしたら良いですかね?ピル飲んでるっていうと「ビッチじゃん!」とか言う人いるんですよ(笑)』
 
あおい『例えば、自分の彼女がきれいになると嬉しい!っていう人には、美容に効果的という話をするとか?肌がきれいなのは嬉しいですよ。』
 
杉本『確かに、それは主導権を持ちたいという男性の心理を突いている感じしますね。』
 
 
あおい『そもそもに、“男性に理解して欲しい”なんて期待しない方が良いですよ。割り切って付き合わないと。分かってほしいと思ってもいけないし、わかったつもりもいけないです。

違う人間だから理解を100%するのなんて無理な話なんですよ。相手に期待しないというあきらめも必要です。』
 
 
岡田『私、完璧求めがちです。。。反省します(笑)』
 
 
あおい杉本『(笑)(笑)』
 
 
————–
 
岡田『ちなみに、“職場間での生理への理解”についてはどう思いますか?あおいさんへのお悩み相談でも実際にあった、“生理休暇の取得”についてとか。「生理休暇=さぼりだ!甘えだ!」っていう人、割といるんですよね。』
 
あおい『女性の特権なんだから、生理休暇はあるなら使ったら良いですよ。それで男が文句言うんだったら、「悔しかったら女になってごらんなさい!」くらいの気持ちで(笑)』
 
 
岡田『女性でも、生理休暇に対していい印象を持たない場合もありますね。特に年配の方に多いイメージ。
私たちの時代はそんな制度なかった、甘えだ!」みたいな。。。その結果、生理痛を我慢する人ってすごく多い。』

 
 
杉本『実際に8割以上の人が悩んでますもんね。』
 
 
————–
 
あおい『年収3000万稼いだらみんな優しくなるのでは?(笑)』
 
岡田杉本『確かに(笑)』
 
————–
 
 
あおい“理解しなくていいから干渉しないで”のスタンスでいればいいんですよ。使える制度は使えばいい。理解を求めるのはまず同年代ですよ。時代を変えるのは若者ですから。』
 
 
岡田『私たちのサービスが広がることでピルが生理の正しい知識と共に広まって、世の中が変わっていくことが理想ですね。』
 
杉本『「ピル使ってる私イケてる!」って思ってくれる人が増えたら嬉しいですよね!
 
岡田『わかる!辛いのを我慢するんじゃなくて、自分自身を知って、向き合って、その結果、“ピル”をっていう選択する。。。うん!すごくかっこいいと思う!
 
そのためにも、あおいさん!これからも一緒にエニピルを盛り上げていきましょうね!』

 
 
あおい『こちらこそ!よろしくお願いします!』
 
 
————–
 
岡田『では、座談会終わりにします!ありがとうございました!』
 
あおい『また3人でお話しましょ~!』
 
岡田杉本『わ~い!』
 

 
ピルで悩みを解決
 
 

今すぐ
はじめる
今すぐはじめる