笑顔で働いている男女

エニピルforキャリア

ピルのオンライン診療を福利厚生として提供し、
月経による労働課題を解決します。

全従業員がいつでも自分らしく働けるように
累計ユーザー数100,000人突破
処方実績900,000件突破

企業担当者様へ
こんなお悩みありませんか?

  • 女性の活躍推進といわれても何をすればいいか分からない
  • 従業員全員が働きやすい生産性の高い職場環境って?
  • 生理休暇導入しているけど結局使用されていないし、組織の稼働は上がらない…
ピルを持っている女性
\そのお悩み、エニピルforキャリアで解決できます!/

エニピルforキャリア
コスト0で導入しませんか?

まずは動きだすことが重要です。

エニピルforキャリアは、
法人向けのピル
オンライン診療サービスです。

オンライン診療、ピルの処方、ウェルネスセミナーの提供などで社員の健康課題をサポートいたします。

各企業に合わせた導入プランを用意しており、設計次第では導入コスト、ランニングコスト
0で提供可能です。

ピル処方、オンライン診療、ウェルネスセミナーまとめてサポート

導入実績

導入企業様ロゴ
導入企業様ロゴ

エニピルだから選ばれる
4つのポイント

  1. ポイント
    01

    最短1週間で導入

    カレンダー
  2. ポイント
    02

    薬剤取扱い数最多

    薬剤
  3. ポイント
    03

    プライム上場
    企業経営
    の安心感

    プライム上場企業
  4. ポイント
    04

    365日24時間
    診療サービス

    医師

申し込み〜受け取りまで簡単!
ピルのオンライン診療サービス

  1. STEP
    01

    問診票に回答
    5分で問診票に回答
    チャットで完結します
    問診票に回答する女性
  2. STEP
    02

    電話診療
    15分程度で医師から電話
    診療開始(予約可能)
    医師
  3. STEP
    03

    ポストに届く
    ピルが翌日ポストに届く
    (中身は見えません)
    ポストに届く
比較表

なんで女性の健康問題に企業が取り組むべきなの?

月経不調は仕事の生産性に影響する!?

  • 月経時生産性60%低下

    生産性が通常時の
    6割に低下

  • 20営業日で換算すると…
  • 生産性10%ダウン

    月経によって生産性が
    毎月10%ダウン

参考:https://project.nikkeibp.co.jp/HumanCapital/atcl/column/00073/080500002/

オンライン診療×企業サポート
従業員の働きやすさ改善
企業の生産性向上が同時に可能

働きやすさ改善して嬉しい女性
女性の生産性が向上して企業の生産性向上

導入企業様の声

  • 株式会社セレス

    株式会社セレス

    セレスでは女性の管理職比率が約40%と高い水準になっており、平均年齢も30歳台です。若い女性が多く活躍する会社だからこそ男女ともに働きやすい環境を作ることが重要だと思っておりました。そんな時、エニピルの福利厚生導入の提案をもらい、会社負担額の安さに驚きすぐに導入に向け動き出しました。実施後半年経ち利用率も30%を超え、社内の福利厚生利用率としてもとても高く、引き続き今後の生産性向上にも期待しております。

  • ビットバンク株式会社

    ビットバンク株式会社

    エニピルの導入を検討するにあたって、全女性従業員を対象にアンケートを行ったところ、約6割が月経痛やPMS(月経前症候群)といった女性特有の健康不調を抱え業務に取り組んだ経験を持つなど、仕事の生産性が低下していることが伺えました。また、低用量ピルの福利厚生補助があった場合、利用に前向きな回答が7割を超える結果となったことから、月経痛やPMSといった女性特有の健康課題へのサポートとして、健康上の負担低減にかかる費用等を会社が負担する働き方の向上を目的とした制度の導入をいたしました。

  • エキサイト株式会社

    エキサイト株式会社

    当社では、女性活躍推進の取り組みの一つとして、働きやすい環境を整えること、ワークライフバランスの推進などを目的に、エニピルの導入を決定いたしました。 導入検討にあたり、女性社員からは月経痛改善、肌荒れ予防、避妊など幅広い用途でピルの利用経験があるという意見が寄せられました。今回の導入により、社員の働き方の向上だけでなく、生活の質向上への貢献も期待しております。 今後も、会社としてさらなる女性活躍をサポートしてまいります。

なぜ数ある女性の健康問題の中で月経不調の改善が必要なの?

  1. 女性ホルモン量と起こりやすい病態・疾患の関係

    01

    20〜40代女性が
    1番抱えやすい疾患
    働く女性のメイントラブルが、月経諸症状。そこに対するヘルスケアが女性の働き方改革に直結します。
  2. 昔と現代女性の比較

    02

    現代女性の現状
    月経時間は現代女性は圧倒的に伸びました。
    それは、女性の社会進出が飛躍的に向上したため。
    でもそれに伴う身体のケアは疎かになりがち…
  • 女性の働き方改善に月経問題があることは分かったけどコストがなぁ…
  • 女性だけのサービス導入ってちょっと不平等
  • 本当に生産性があがるのか?
矢印

コスト平等生産性向上
"エニピルforキャリア"
なら解決できます!

  • コスト
    導入・
    ランニングコスト
    0円〜
  • 平等
    男性従業員の
    パートナーまで

    適用範囲拡大可能
  • 生産性
    アンケート実施
    による生産性向上の
    見える化
男性従業員とパートナー

エニピル導入のメリット

従業員
  • 低用量ピルの服用で
    月経不調から開放
  • オンライン診療で
    手間なくスピーディー
  • 福利厚生制度のため
    自己負担はゼロ
  • オンライン診療で
    誰にも知られず
    飲み始められる
  • お薬の処方が
    ある場合は
    ご自宅まで配送
  • 仕事や用事の
    スキマ時間を有効活用!
※企業の導入タイプによる
企業
  • 社員の働きやすい
    職場環境
    を提供できる
  • セミナーによる
    従業員への健康啓発
    つながる
  • 勤続年数
    向上につながる
  • 労働損失の削減
    にも貢献
  • 健康経営・
    女性活躍企業

    としてアピール!
  • 採用優位性の確保


2023年12月追記

現在多くのお問い合わせをいただいております。
順次早急にご連絡させていただいておりますが、
ご連絡までお時間を頂戴する可能性がありますので、あらかじめご了承ください。
また、早めのお問い合わせをお願いいたします。

資料請求・お問い合わせ

「エニピルforキャリア」の導入に関するお問い合わせ等を受付しております。
お気軽にお問い合わせください。

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    今すぐ
    はじめる
    今すぐはじめる