マーベロンで肌がきれいになる?低用量ピルでニキビ治療・肌荒れに効く種類と効果が出るタイミングは?

2024-04-12ピル

低用量ピルでニキビが悪化する場合もある

低用量ピルは、避妊目的あるいは婦人科系の病気を治療するために使う薬ということはご存知の方も多いかもしれません。

低用量ピルの1つであるマーベロンは肌をきれいにする効果も期待できるといわれています。

この記事では、マーベロンが肌をきれいにする理由について詳しく解説します。

ニキビ・肌荒れに効果のある低用量ピルの特徴についても併せて解説しますので、低用量ピルと肌の関係について気になる方はぜひ参考にしてみてください。

 マーベロンがニキビ・肌荒れに効果がある理由

マーベロンがニキビ・肌荒れに効果のある理由

マーベロンがニキビ肌荒れに効果があるというのは、「低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン」や厚生労働省など公的機関においても認められています。

なぜ、マーベロンがニキビ肌荒れに効果があるのかという点を、マーベロンの特徴とあわせて解説します。

マーベロンは低用量ピルの1つです。

1錠のなかに卵胞ホルモンであるエストロゲン黄体ホルモンであるプロゲステロンという2種類のホルモン剤を含有しています。

これらのホルモンが、女性ホルモンの分泌を抑えることで、排卵を抑制して妊娠を防ぎます。

また、子宮に作用して、受精卵が子宮内膜に着床するのを防いだり、子宮内に精子が入りにくくしたりといったことも特徴です。

避妊目的で使われるマーベロンですが、マーベロンを服用している方から、ニキビ肌荒れに効くといわれるようになりました。

その理由は、ホルモンに作用するという点にあります。

そもそもニキビは男性ホルモンの1つであるアンドロゲンの影響で脂腺が増大した結果、皮脂分泌が亢進し、皮脂が毛穴に詰まることで始まります。

詰まった状態でいると、皮脂の常在細菌でもあるアクネ菌が増殖し、炎症を起こして、赤い炎症やぶつぶつとしたニキビを作り出してしまうのです。

アンドロゲンは、男性ホルモンのテストステロンがジヒドロテストステロン(DHT)に変換され、アンドロゲンの受容体にくっつくことで分泌されます。

マーベロンを服用することで、卵巣や副腎からのテストステロン産生を抑えます。

また、性ホルモン結合グロブリンを増やしてテストステロンに結合し、アンドロゲン受容体にくっつかないように働きかけるのです。

さらに、マーベロンに含まれる黄体ホルモンが、テストステロンをジヒドロテストステロンに変換させないように働きかけます。

これらの働きによって、アンドロゲンが分泌されにくくなり、皮脂の過剰な分泌を抑制するため、ニキビ肌荒れに対する効果が期待できるのです。

また、男性ホルモンの分泌だけでなく、女性ホルモンのバランスも整うことから、ニキビ肌荒れに効果があるといわれています。

 

 肌がきれいになったと効果を実感するのはいつから?

マーベロンを服用して肌がきれいになったと実感するのは個人差があるため、きれいになったと感じる期間については一概には言えません。

おおむね、服用を始めてから2~3ヶ月程度で肌荒れやニキビの改善効果を実感される方が多い傾向にあります。

しかし、人によっては服用を始めてから1ヶ月程度で効果を実感される方もいます。

また、できているニキビの程度や肌荒れの程度によっても、改善まで時間がかかることがあるため、まずは3ヶ月を目安に継続してマーベロンを服用しましょう。

また、マーベロンの服用と並行して洗顔料を使って1日2回の洗顔を心がけたり、スキンケアに力を入れたりしましょう。

マーベロンを服用していることで、ホルモンバランスが整うとはいえ、睡眠不足だったり昼夜が逆転していたりすれば、ホルモンバランスが乱れます。

そのため、マーベロンを服用していてもニキビ肌荒れができる可能性は高まります。

マーベロンのみに頼らずに、マーベロンの服用とあわせてニキビや肌荒れ対策をすることで、より肌がきれいになったと効果を実感できるでしょう。

 低用量ピルでのニキビ治療がおすすめの人

 低用量ピルでのニキビ治療がおすすめの人

低用量ピルでニキビ治療がおすすめなのは次のような人です。

    • 妊娠を希望しない方
    • 決められた時間に継続して服用できる方
    • 皮膚科への受診が難しい方

低用量ピルはそもそも、避妊のために服用する薬剤であり、その避妊効果は低用量ピルを正しく服用した場合で99.7%です。

ニキビ治療のために服用するとはいえ、妊孕性が低下することは避けられません。

妊娠を希望しない方であれば、ニキビ治療としての服用はおすすめできます。

また、低用量ピルがより高い効果を発揮するためには毎日同じ時間に服用をしなければなりません。

もしも、服用を忘れると低用量ピルの避妊効果は92%にまで低下します。

避妊効果が低下するということは、つまりホルモンバランスが不安定になることを意味し、ニキビや肌荒れに対しても十分な効果が期待できません。

毎日同じ時間に服用できる方ならば、低用量ピルでのニキビ治療をおすすめできます。

さらに、低用量ピルでのニキビ治療は皮膚科へ受診ができない方にもおすすめです。

仕事や家事が忙しく皮膚科の開院時間に皮膚科を受診できないという方もいるかもしれません。

低用量ピルはオンラインでも処方が可能です。

忙しい方でもスマホで気軽に診療を受けられ、低用量ピルを処方してもらえるため、皮膚科に通わずともニキビ治療ができるでしょう。

 

 ニキビ・肌荒れに効果のある低用量ピル【特徴】

ニキビ・肌荒れにはマーベロン以外の低用量ピルも効果があるといわれています。

ニキビ・肌荒れに対しての作用機序はマーベロンと同じです。

ここでは、ニキビ・肌荒れに効果のある低用量ピルの特徴を解説します。

 マーベロン

デソゲストレル、エチニルエストラジオールを有効成分とする低用量ピルです。

マーベロンはほかの低用量ピルとは異なり、男性ホルモンの働きを抑える効果が高と考えられています。

そのため、ニキビや肌荒れを何とかしたいと考える方に選ばれる傾向にあります。

正しく服用できれば避妊効果も99.9%と報告されており、避妊効果も高いです。

また、ほかの低用量ピルと比較して、不正出血の副作用が少ないというのもマーベロンの特徴といえます。

 

 トリキュラー

レボノルゲストレル、エチニルエストラジオールを有効成分とする低用量ピルで、マーベロンよりも先に市場に出回っていました。

飲み忘れも含めた一般的な使用による避妊率は91%、確実な使用であれば99%の避妊率となり、避妊効果は非常に高いといえます。

男性ホルモンを抑える効果についてはマーベロンよりも低いです。

さらに、トリキュラーは0.1~5%と低い数値ではあるものの副作用の1つとしてニキビが報告されています。

そのため、肌荒れに対しての効果は期待できるものの、トリキュラーを服用していたのにニキビができるという可能性もあります。

 ファボワール

ファボワールはマーベロンの後発薬品であるため、ほぼ同じタイミングで市場に出回った低用量ピルです。

デソゲストレル、エチニルエストラジオールを有効成分としています。

有効成分がマーベロンと同じであるため、薬効についてもマーベロンとほぼ同じで、ほかの低用量ピルと比較して男性ホルモンを抑える効果がいことが特徴です。

マーベロンの後発薬品であることから、薬価はマーベロンよりも安いという点も特徴となります。

そのため、同じ効果で価格が低いならとファボワールを選ばれる方もいます。

 ヤーズフレックス

ヤーズフレックスは超低用量ピルと呼ばれる薬剤で、ドロスピレノン、エチニルエストラジオールが有効成分です。

超低用量ピルと呼ばれる理由は、ホルモンの配合量にあります。

ヤーズフレックスは、卵胞ホルモンの含有量は20μgまで抑えられています。

また、休薬期間が無く、最大で120日の服用ができるため、副作用がほかのピルよりも軽い点が特徴です。

また、ヤーズフレックスの最大の特徴は低用量ピルでありながら避妊目的に使えないという点です。

ヤーズフレックスは子宮内膜症に伴う疼痛の改善、月経困難症および生殖補助医療における調節卵巣刺激の開始時期の調整のための薬剤です。

避妊およびそのほかの効果については、確実性が報告されていません

そのため、医師によってはヤーズフレックスを本来の治療目的以外で使用したいと望んだ場合、処方を断るケースもあります。

 

 低用量ピルでニキビが悪化する場合もある

低用量ピルでニキビが悪化する場合もある

低用量ピルは、ニキビを改善させ、肌をきれいにするという副効果がありますが、低用量ピルの服用によってニキビが悪化する場合もあります。

そのため、低用量ピルを服用したのにニキビが悪化して悲しい思いをする方もいるかもしれません。

なぜ、ニキビが悪化するのかを以下で解説するため、服用前に参考にしてみてください。

 飲み始めは一時的なホルモンバランスの崩れ

低用量ピルはホルモンバランスを整えてくれるものの、飲み始めについては一時的にホルモンのバランスが乱れることがあります。

個人差があるため、全ての人に起こるものではありません。

吐き気や頭痛、 不正出血といった症状が出るもののほとんどの人が1~3ヶ月服用することでホルモンバランスが安定し、これらの症状も起こらなくなるとしています。

超低用量ピルの場合には、飲み始めの一時的なホルモンバランスの乱れは少ないという見解もあります。

 用法用量をは守って正しく服用できていない

低用量ピルで高い効果を発揮するためには、用法用量を守ことが重要です。

避妊効果に着目しても、用法用量を正しく守っていれば99%以上の避妊率になります。

一方で、飲み忘れや飲む時間が一定ではない場合には、91%程度と避妊率が低下します。

肌荒れやニキビについても同様に、用法用量を守らなければ高い効果は期待できません。

飲むタイミングを毎日一定にして飲み忘れのないようにしましょう。

 ピルの種類が自分に合っていない

服用しているピルの種類が自分に合っていない場合にも、望んでいる効果は期待できません。

そればかりか、ピルの種類が合っていないと副作用が強く出てしまい、継続しての服用が困難となる場合もあります。

ピルが自分に合っていないと感じたら、早めに中断し医師に別のピルを処方してもらいましょう。

 生活習慣など他に原因がある

低用量ピルを服用していても、ニキビや肌荒れのできやすい生活習慣であれば、ニキビや肌荒れの改善は期待できません。

1日2回の洗顔で肌を清潔にしたり、ストレスをためないように生活したりといったことも、ニキビの予防や改善には重要です。

また、ホルモンバランスは睡眠が影響していると考えられています。

昼夜逆転の生活をしていたり、睡眠時間が短かったりすると、ホルモンバランスが乱れ、ニキビや肌荒れができやすいとされています。

日常生活で乱れたホルモンバランスをピルで強制的に整えるということはできません。

ピルを使いながら自分自身の生活習慣も見直しておきましょう。

 オンラインでピル処方!マーベロンなど低用量ピルの処方ならエニピル

オンラインでピル処方!マーベロンなど低用量ピルの処方ならエニピル

ピルはおもに婦人科で処方をしてもらえます。

しかし、忙しくて婦人科に行く余裕が無かったり、婦人科に行くことが恥ずかしいと思う方もいるかもしれません。

そんな方におすすめなのが、ピルのオンライン処方です。

しかし、オンライン診療と謳っていながら医師が診察をしていなかったり、診察後にピルがなかなか届かなかったり、手数料がかかって病院よりも高い費用がかかったりといった問題もあります。

エニピルは、医師が診察を行うため、自分に合ったピルを処方してもらえます。

また、診察をして料金を払えば翌日にはピルが届くため、すぐに服用を開始できる点も魅力です。

さらに、エニピルは継続しやすい価格設定ため、学生でも負担なく継続して服用できるでしょう。

処方できるピルの種類も豊富であるため、マーベロンの服用を検討している方は、エニピルへまずはご相談ください。

 

 マーベロンでニキビや肌荒れを予防しながらイキイキと生活しよう

低用量ピルは、避妊目的でのみ飲む薬ではなくホルモンバランスを整えてくれるお薬です。

そのため、女性ホルモン特有の悩みから解放されるでしょう。

マーベロンなら男性ホルモンを抑えるため、ニキビや肌荒れを予防できます。

肌荒れやニキビに悩まされている、いろいろな化粧品を使ったけれど効果が見られないという方はホルモンバランスから見直すことで改善が期待できるかもしれません。

忙しくて婦人科へ診察に行けないという方は、オンライン診療のエニピルのへまずはお気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

エニピルを詳しくみる

 

参考資料

公益社団法人日本産科婦人科学会 低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲストーゲン配合剤ガイドライン
患者向医薬品ガイド マーベロン 21、マーベロン 28
ヘルスケアラボ 避妊
公益社団法人日本皮膚科学会 Q3 にきびは、どうしてできますか?
公益社団法人日本皮膚科学会 Q7月経との関係は?
公益社団法人日本皮膚科学会 尋常性痤瘡治療ガイドライン 2017
公益社団法人日本皮膚科学会 Q8皮膚科での治療方法は?
公益社団法人日本皮膚科学会 Q24睡眠時間について
添付文書 マーベロン 21、マーベロン 28
添付文書 トリキュラー錠21/トリキュラー錠28
富士製薬工業株式会社 ファボワール
添付文書 ファボワール錠21 ファボワール錠28
バイエル薬品株式会社 ヤーズフレックス配合錠
添付文書 ヤーズフレックス配合錠

2024-04-12ピル

今すぐ
はじめる
今すぐはじめる